『『九月の恋と出会うまで』最新情報

カテゴリー:最新情報
2019.03.14
最新情報

3/12(火)に公開後記念舞台挨拶が開催され、W主演の高橋一生さんと川口春奈さんが登壇致しました!

ホワイトデー間近という事で、白いバラを観客に渡しながら登場した2人に会場からは大きな歓声が!1人1人握手を交えながら丁寧に渡す姿に中には泣き出す人もおり、イベントは大きな熱気に包まれたなかでのスタートとなりました。高橋さんは「今日は本当のサプライズ登場にしようと思っていたんですけど、司会の方に言われてしまったので、サプライズにはならなかったんですが(笑)皆さんのお顔を拝見して、映画を観終わったあとの反応を間近で伝えて頂けたので、とても嬉しかったです」と挨拶。川口さんも「お花を配りながら『映画良かったよ』と直接言って頂けて、とても嬉しかったです。白いバラの花言葉は、《一目ぼれ》という事で、作品にもピッタリですよね」と語りました。

映画を観た一般の方から【2回目だからこそ二人の行動や言動も理解度が高まった】、【平野の先読みした瞬間や志織の確信した瞬間の心の動きが微かな表情で伝わり、涙をこらえるのに必死でした】などの声が寄せられていることについて、周囲からの反応を聞かれた高橋さんは「実はさっき控室の出入り口を間違って、映画館のエスカレーターに繋がる扉を開けてしまいまして。そしたらちょうど高校生のカップルがいらっしゃって、すぐ扉を閉めたんですけど、扉越しに『観るー!!』って言う声が聞こえまして。観てくれるんだなって思いました(笑)直の声が聞こえたのでとても嬉しかったですね」とほっこりするエピソードを披露。川口さんも「志織ちゃん可愛かったよとか、お部屋もすごい可愛かったとかたくさん嬉しい声が届いています」と周囲からの声に感謝していると語りました。

また、1度ではなく、2度、3度とご覧頂いている方が多いという事で、事前に公式SNSで投票して頂いたもう一度観たい泣けるシーンの発表が行われました。候補に挙がったのは《①丘の上で誕生日プレゼントを渡すシーン》 《②公園で平野が切ないウソをつくシーン》、《 ③すれ違ってしまった二人が部屋で涙するシーン》、《 ④平野が想い出の写真を見て泣き崩れるシーン》の4つ。実際に1位に選ばれた《④平野が想い出の写真を見て泣き崩れるシーン》の映像がスクリーンで流れると会場からは自然と温かい拍手が起こりました。映像をみた高橋さんは「とにかく恥ずかしかったですね(笑)この大画面でしかも皆さん観たばっかりなのに(笑)」とコメント。また撮影時の思い出をきかれると「平野とか志織の部屋のシーンをまとめて撮っていたので、割と撮影の前半でしたね。お互い話しながら、監督を交えて流れを確認しながら撮影していましたね」とコメント。川口さんも「私もここシーンの一生さんに泣かされましたね。自分が参加していないシーンでもあるので、完成した映像を観たときにゾクッとしましたね」と思い出を語りました。

更に会場からの質問で、「涙は自然と流れるものなのか、意識して泣くものなのか」と聞かれた高橋さんは「泣くぞ!とはやらないですね(笑)あまり意識して泣かなきゃってやると、泣けなくなっちゃうんじゃないかと思うので。普段あまり泣かないので、お芝居の時だけ感情が豊かになっているのかもしれないですね」とコメント。川口さんは「この映画に関しては自然に涙がこぼれたなって思いますね。脚本を読んだだけでもグッときましたし、そこに平野さんが立つと余計にくるものがありました」と語りました。

最後に川口さんは「こうして足を運んでくださったり、日々色んなところからメッセージを届いていることに感謝しております。もし映画を気に入って頂けたなら、大切な人と何度でも観て頂けたらと思いますので、これからも宜しくお願い致します」と挨拶。高橋さんは「今日皆さんとかなり近い距離で反応を見れたことは僕にとって収穫だったなと思っています。一つの作品をこうして皆さんが観て下さっているんだと改めて思い知りました。僕がお芝居させて頂いているものが、一人一人の心に少しでも残っているということは、これから前に進んでいくときに原動力になるなと思いました。こうして皆様の前に立てたことを感謝しています。ありがとうございます」と語り、イベントは幕をとじました。

2019.03.05
最新情報

劇場関連グッズご紹介!
全国の上映劇場にて関連グッズが発売されております!


通販は映画・アニメグッズショップ「フルービー/Froovie」、日本テレビ通販サイト「日テレ屋web」にて販売中です。

「フルービー/Froovie」はこちら
「日テレ屋web」はこちら

どうぞご覧ください!

2019.02.28
最新情報

愛する人が消えてしまう――タイムリミットが迫る中、志織を守るため平野が選んだ道は“あるウソ”をつくことだった…。映画『九月の恋と出会うまで』公開を記念して、高橋一生×川口春奈が一途な想いが生んだ【奇跡の物語】のみどころに迫ります! 

 
スペシャルトーク①(時空を超える編)

 
スペシャルトーク②(一途な想いと切ないウソに涙編)

 
スペシャルトーク③(書店員が選んだ原作編)

2019.02.08
最新情報

《タイムパラドックス》に翻弄されながらも二人で困難を乗り越える姿を映した特別映像が解禁!

 
ある事件で命を落とすはずだった志織は「あなたに、危険が迫っている。」という時空を超えて届いた未来からの声に命を救われます。しかし志織が助かったことにより、未来からの声がもう志織を助ける必要がなくなり、一年後に志織の存在が消えてしまう“未来と過去の矛盾”《タイムパラドックス》が生まれることを平野が推測し、志織を助けようと奮闘します。映像では、あまりに現実的ではない話を志織から打ち明けられた平野だったが「信じますよ、僕は。」と突拍子のない話にも耳を傾け、「来年も必ず、誕生日は来ます。」と志織を勇気づけるなど、二人で困難を乗り越えていこうと決意し一途に志織を想い続ける姿をみせていきます。

高橋一生の考えるタイムリープとは…“過去や未来を変えるのではなく、今を変えること”
高橋は本作のタイムリープについて「過去や未来にはどうやっても行けない。しかし、過去をもう一回考え直す、過去に起きた価値は変えることができる。過去を後悔するのではなく、反省して改善していけばそれはきっと“今を変えることに繋がる”と考えます。今を変えていけば未来も変わっていきますし、そう思うとタイムリープというものは起きているのかもしれません。」とコメント。高橋は今を生きる人達に、“過去を見直し、それを活かして今を生きることで未来を変える”ことに繋げるというタイムリープの一つ素晴らしい側面について語っています。

平野も志織を助けるため、自分の殻を破り、今の自分を変えていきながら成長していきます。平野の“一途な想い”を貫き“今の自分を変えていく”という姿は、観る人全ての背中を押してくれるメッセージとなっており、本作への期待も高まる映像となっています!

2019.01.31
最新情報

 

andropによる書き下ろし主題歌「Koi」の映画版MVが解禁!
本作の主題歌を担当する〈androp〉は、多くの映画やドラマの主題歌に起用され、有名アーティストに楽曲提供するなど、その実力が多くの若者から支持を得ている人気バンド。Vo.内澤は、「恋を歌う楽曲はなかなか作ることが無いのですが、まっすぐで素直な登場人物たちに背中を押されながらこれまでに作れなかった楽曲に挑戦することができました。」とコメントしています。
映画版MVでは、平野と志織の2人のストーリーが「Koi」に合わせ展開されていく映像となっており公園で子供のボールをとってあげる志織を遠くから優しい目で見つめる平野や、部屋のドアの前で突然倒れた志織を真摯に看病する平野のシーンなど、志織への一途な気持ちがハートフルで心地の良いサウンドと共に描かれています。
さらに、手が触れるか触れないかの微妙な距離感で歩く2人や、それぞれが切ない表情で涙を流すシーンなど、2人の関係が気になる内容に加え、内澤のクリアな歌声で「物語が僕を拒んだって、誰かが運命を定めたって、会いに行くよ どこにだって 探し続けるよ。」と、本編に沿った歌詞が展開されていくところにも注目です!
恋をしている人、そして恋に憧れる人など、すべての人に届く「Koi」。時空を超える切ないウソに涙する、映画『九月の恋と出会うまで』の世界観に寄り添った映画版MVに仕上がりました!

  • 1
  • 2

©映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会